2017年01月21日

結婚、男女とも「18歳以上」に=今国会に民法改正案

方南白骨です。
狩野英孝のことでこんな法案ができたのか!?
なんてことは無いでしょうけど、だいぶ旬な話ですね。
子供を作れる体になったら、年齢って関係ない気がするんですけどね・・・。
それが自然なことのはずだし。
とが言っても、経済的なものとか色々あるからな〜・・・。
<方南白骨.com>

結婚、男女とも「18歳以上」に=今国会に民法改正案
 政府は21日、成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法改正案に、結婚が可能な年齢を男女とも「18歳以上」に統一する規定を盛り込む方針を固めた。
 結婚年齢の下限は現在、男性18歳、女性16歳とずれがあり、国際機関などから「不平等だ」との指摘が出ていた。今通常国会に提出して早期成立を図り、2021年にも施行したい考えだ。
 結婚年齢の下限は民法731条で規定。男女間で身体発達の早さが異なるとの理由で、女性の方が低く設定された。国連の女子差別撤廃委員会は03年に不平等な規定だとして、男女で統一するよう勧告。日弁連も是正を要求していた。
 成人年齢を18歳に引き下げ、結婚下限年齢を現在のままにした場合、男性は成人にならないと結婚できず、女性だけが未成年の段階で結婚できるという事態が生じる。このため、「18歳成人」と合わせる形で男女の下限を統一し、未成年での結婚をなくすことにした。現在、未成年者の結婚には父母の同意が必要と定めているが、こうした規定は不要となる。 

(時事通信)
<方南白骨.com>
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 方南白骨 at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: