2017年01月21日

結婚、男女とも「18歳以上」に=今国会に民法改正案

方南白骨です。
狩野英孝のことでこんな法案ができたのか!?
なんてことは無いでしょうけど、だいぶ旬な話ですね。
子供を作れる体になったら、年齢って関係ない気がするんですけどね・・・。
それが自然なことのはずだし。
とが言っても、経済的なものとか色々あるからな〜・・・。
<方南白骨.com>

結婚、男女とも「18歳以上」に=今国会に民法改正案
 政府は21日、成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法改正案に、結婚が可能な年齢を男女とも「18歳以上」に統一する規定を盛り込む方針を固めた。
 結婚年齢の下限は現在、男性18歳、女性16歳とずれがあり、国際機関などから「不平等だ」との指摘が出ていた。今通常国会に提出して早期成立を図り、2021年にも施行したい考えだ。
 結婚年齢の下限は民法731条で規定。男女間で身体発達の早さが異なるとの理由で、女性の方が低く設定された。国連の女子差別撤廃委員会は03年に不平等な規定だとして、男女で統一するよう勧告。日弁連も是正を要求していた。
 成人年齢を18歳に引き下げ、結婚下限年齢を現在のままにした場合、男性は成人にならないと結婚できず、女性だけが未成年の段階で結婚できるという事態が生じる。このため、「18歳成人」と合わせる形で男女の下限を統一し、未成年での結婚をなくすことにした。現在、未成年者の結婚には父母の同意が必要と定めているが、こうした規定は不要となる。 

(時事通信)
<方南白骨.com>
ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by 方南白骨 at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈良・川上村の白骨化遺体 妻と長女を死体遺棄容疑で逮捕

方南白骨です。
64歳の奥さんと41歳の長女が74歳の旦那(父)を殺害ってなんだか、悲しいですね。
DVとか何かあったんかな〜・・・と想像してしまいますが、どうなんだろう・・・。

<方南白骨.com>
奈良・川上村の白骨化遺体 妻と長女を死体遺棄容疑で逮捕
 去年、奈良県川上村で顔などが白骨化した男性の遺体が見つかった事件で
この男性の妻と長女が死体遺棄の疑いで逮捕されました。
 去年11月、川上村の山林で手足の一部や顔が白骨化し上半身と右足に黒色のポリ袋がかぶせられた男性の遺体が見つかりました。
 警察によりますと、その後の捜査で歯型などからこの男性の身元が奈良県安堵町の無職・川勝弘さん(当時74)であることが判明。
 死亡届や行方不明届が出されていなかったことから、弘さんと3人暮らししていた妻の正枝容疑者(64)と長女の陽子容疑者(41)が犯行に関与している疑いが浮上し、16日2人を死体遺棄容疑で逮捕したということです。
 2人の認否は明らかにしていません。
 3人の自宅からは遺体に被せられていたものと同じタイプのポリ袋などが見つかったということで、警察が弘さんが死亡した経緯を調べています。
(MBSニュース)
<方南白骨.com>
posted by 方南白骨 at 13:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日のつぶやき






















posted by 方南白骨 at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北極圏の海底から謎の音、動物も消えた? カナダ軍が調査へ

方南白骨です。
これ、かなり怖い話ですよね。
宇宙から見たら、こんなに小さい地球で起きてることすら。まだ分からないってこともなんだか驚きですな。

<方南白骨.com>
北極圏の海底から謎の音、動物も消えた? カナダ軍が調査へ
海洋動物の鳴き声か、外国の潜水艦か、それとも幻聴なのか──北極圏に位置するカナダ北東部の沖合で、海底から複数回にわたり奇妙な音が確認され、地元住民を困惑させている。異音の発生後に地域に生息する動物の姿が見えなくなったとの報告もあり、軍は19日、パトロールの実施とともに音響の専門家らを派遣し、調査を実施すると発表した。
 異音が確認されたのは昨年末。イグルーリック(Igloolik)村に暮らす先住民イヌイット(Inuit)の猟師らが、北西航路(Northwest Passage)とハドソン湾(Hudson Bay)の間に位置するフューリー・ヘクラ海峡(Fury and Hecla Strait)の沖合でビープ音を複数回耳にした。
 この海域では通常、イッカクやホッキョククジラ、ワモンアザラシ、アゴヒゲアザラシなどが頻繁に姿を現すが、猟師たちによると昨年から動物たちの姿が見られなくなったという。
 地元ヌナブト準州(Nunavut)のポール・クアッサ(Paul Quassa)議員は、「動物がまったくいなくなった」と述べ、異音が原因との見方を示した。
 最初に異音を報告した猟師らと共に現場を視察したクアッサ議員によると、正体が何であれ、音は「海底から聞こえ」、また大きかったという。
 カナダ軍は昨年11月、センサー装置を搭載した哨戒機を出動させたが、異音は確認されなかった。しかしイヌイットからの懸念の声を受け、軍は音響の専門家2人を現地に派遣し、今月25日から2月2日まで実施される予備役兵によるパトロールに参加させるという。

(AFP通信)
【翻訳編集】 AFPBB News
<方南白骨.com>
posted by 方南白骨 at 08:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする