2017年01月16日

白骨死体の一部を発見、死後数カ月の成人男性か 京都の善峰川

方南です。
やっぱり白骨化関連事故や事件って多いんだな〜と思う方南でした。

白骨死体の一部を発見、死後数カ月の成人男性か 京都の善峰川

 京都府警西京署は11月2日、京都市西京区大原野灰方町の善峰川で、成人男性とみられる頭蓋骨や右大腿骨などが見つかったと発表した。同署は事件と事故の両面で捜査し、身元の確認を急いでいる。
 同署によると、見つかったのは頭蓋骨と右大腿骨のほか、骨盤の一部。いずれも白骨化していた。司法解剖の結果、20代後半〜40代前半の男性で身長は約165センチとみられ、死後数カ月は経過しているという。目立った外傷はなかった。衣服や所持品は見つかっていない。
 9月17日午前9時40分ごろ、川遊びをしていた小学6年の男子児童(12)が頭蓋骨を発見。その後、同月27日までに大腿骨などが見つかった。
(産経WEST)
<方南白骨.com>
posted by 方南白骨 at 09:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日のつぶやき








posted by 方南白骨 at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする